浦安市立図書館

各館だより

分館より

ゴールデンウィークが終わり、平常運転の毎日が始まりました。 五月病という言葉もありますが、新しい環境で身も心も疲れやすい時期です。 そんな時はお気に入りの本を読んでモヤモヤを吹き飛ばして、 毎日頑張っていきましょう! 気になる本が見つからないときは、 カウンターの職員にお気軽にお問い合わせください。 (5/8更新)

分館



分館の「えほんのじかん」*詳しくはこちら!



中央図書館より

新元号「令和」の典拠である万葉集は、平城京が都であった奈良時代後期に成立したとされています。当時は桜より梅に人気があったようで、万葉集に梅が詠まれた歌は119首あり、桜の倍以上となっています。また、当時の「緑」は色ではなく、「瑞々しい生命力にあふれた新芽」を意味する言葉として使われていたとのことで、新時代の始まりである新緑の5月にふさわしい言葉ではないでしょうか(写真は中央図書館周辺の緑)。
(5/15更新)

本の案内だより


レファレンスサービス担当より

「こんな夜中に調べたいことが出来てしまった…」という方、諦めてはいけません。図書館のホームページからMyページへログインすると、「レファレンス受付フォーム」メニューが利用できます。図書館に調査してもらいたい事項を入力して送信するだけ! 調査結果を後日メールにてお知らせいたします。
(2/22更新)

レファレンス受付


児童・ハンディキャップサービス担当より

中央図書館が大規模改修工事で休館してから1か月が過ぎました。児童室からは本が運び出され、少しさみしい本棚になっています。床の色は、皆さんが通ってくれた証です。長いお休みになりますが、綺麗に生まれ変わるのをどうぞお楽しみに!(1/31更新)

本がなくなった中央図書館児童室



Copyright (C) 2018 浦安市立中央図書館