浦安市立図書館

お困りの方をサポートします・ハンディキャップサービス

図書館の利用が難しくお困りの方へ

浦安市立図書館のハンディキャップサービスを利用するためには、
図書館の利用登録が必要です。
ご登録いただけるのは、浦安市に在住・在学・在勤の方です。
登録後は、担当職員が利用のお手伝いをします。
*お願い*
図書館を利用したい、本が読みたいと思いながら、お身体が不自由だったり、活字の字をそのままでは読めず困っている方が 身近にいらっしゃいましたら、このサービスをお伝えください。

図書館のサービスは全て無料です。(一部コピー代金などを除く。)
図書館員には、守秘義務があります。*個人情報を守りますので安心してご利用ください。

問い合わせ 中央図書館 ハンディキャップサービス担当 352-4646

資料の製作 録音・デイジー・テキストデータ・点訳・拡大図書

ご希望の資料をデイジーやカセットテープに録音して貸出します。
ご希望の資料をテキストデータ(コンピューターで音声変換ができるデータ)になおして貸出します。
ご希望の資料を点字になおして貸出します。
ご希望の資料の拡大図書(視力の弱い方に合わせて活字を拡大した本)を製作して貸出します。

大活字本の貸出

大活字本(大きな活字の本)は、どなたでもご利用いただけます。

資料の貸出と検索

ハンディキャップサービス資料(録音図書、点字図書、拡大図書)が図書館ホームページ上から
検索できます。
詳しくはハンディキャップ資料の検索をご覧ください。

電話・FAX・郵送によるサービス

電話やFAXで、本の問い合わせや調べものをお受けします。
肢体不自由や視覚障がい等で図書館に来館できない方に、郵送で図書館の資料をお送りいたします。 詳しくはご相談ください。

宅配サービス ご自宅に本や雑誌・CDなどをお届けします。

肢体不自由や視覚障がい等で図書館に来館できない方のためのサービスです。
ご自宅まで録音図書などをお届けします。
本などのご相談もお受けします。

対面朗読サービス

活字資料を読むのが困難な方へのサービスです。
図書館の本や雑誌、希望する資料を図書館員がお読みします。短い記事などは電話で朗読することも可能です。

対面朗読室・中央図書館 対面朗読 対面朗読

病院サービス

東京ベイ浦安市川医療センター、順天堂大学医学部付属浦安病院では、図書館の本を利用した「図書コーナー」を設置しています。
*写真左:東京ベイ浦安市川医療センター・写真中央・右:順天堂病院(現在改修工事のため一時閉鎖中*平成29年完成予定)

順天堂病院に入院患者の方にご希望の本をお届けするサービスがあります。
リクエストの受け取りは、図書館から司書が病室まで伺い、本をお届けします。浦安市民以外の方も、入院中はご利用できます。
*内容によっては、お待たせする場合や、ご利用できない場合もあります。予めご了承ください。 また、お持ちする資料は、すべて図書館で消毒処理を行っております。
リクエスト受付 受付時間 火曜日〜金曜日の午前10時〜午後5時まで *お電話にて本の予約を承ります。詳しくはお電話でご相談ください。 中央図書館 病院サービス担当(047-352-4646)

子どもへのサービス

ハンディキャップを持つ子どもの発育を促す効果があるとされる布の絵本を製作して、
市内の施設に貸出しています。また、点字絵本や雑誌なども所蔵しています。

えほんのじかん、おはなし会

耳から聴く語りは言葉を育てる手助けとなります。司書が子どもたちに昔話などを語ります。
★おはなし会
★えほんのじかん
*場所や時間などについてはお問い合わせください。

図書館の施設やサービス

中央図書館には、車いす(エントランス)、専用トイレ、車いす用デスク、拡大読書器などがあります。
筆談等で職員が応対します。
映画会や講演会などを行っています。お気軽にご参加ください。

製作協力者

録音図書・点字図書・布のえほん・テキストデータ資料は「製作協力者」のご協力を得て製作を行っています。 製作協力者とは、図書館が主催する講習会で、一定の技術を習得した市民の方々です。

ハンディキャップサービス



Copyright (C) 2007 浦安市立中央図書館